バリと言えばスパ!スパと言えばバリ!

バリ島を訪れたら、絶対行きたいのがスパ。リゾート気分に浸りながら思い切り癒やされて、しかもキレイになれちゃう!女性なら、スパを体験しないなんていう選択肢はないでしょう。まずは、バリ島の人気スパをご紹介します!

バリの人気スパBest3

女性
no.1

スマ スパ

クタエリアにあるフォンタナホテルの最上階にあるスパです。高品質なヴァージンココナッツとマンゴスチンをベースとしたオイルは、お肌はもちろん、ストレスの緩和やアンチエイジングにも効果的。クタの喧騒を忘れさせてくれる落ち着いた空間で、体も心も癒やされてください。

no.2

クンティ バリ スパ

伝統的な建築スタイルの空間に南国感満載のトロピカルガーデン。ジンバランエリアにある、これぞバリといった雰囲気を味わえるスパです。クンティバリ独自のフルハンドトリートメントは、セラピストの手の神聖なエネルギーによって生命とカラダとココロのバランスを整えてくれます。

no.3

ディシニ ラグジュアリースパ

スミニャックのカユアヤ通りからすぐの高級ホテル内にあるスパ。フランスの高級化粧品メーカー「デクレオール」が公認した、技術力の高いセラピストが揃います。感度の高いカフェやショップの並ぶスミニャックなので、街の散策も楽しめます。

バリ島に行くなら知っておきたい、人気のスパとバリの基礎知識

バリ島の基礎知識①場所

バリ島は東南アジアのインドネシア共和国にある島。インドネシアの首都ジャカルタがあるジャワ島の東にあります。島の北部にはアグン山やバトゥール山などの多くの火山があり、バトゥール山では温泉も楽しめます。
赤道に近いサバナ気候の土地なので、雨季(4~9月)と乾季(10~3月)があります。日本のような季節の移り変わりは無く、気温もほぼ一定。日本の夏と同じ、もしくは少し涼しいくらいです。ただし、湿度は年平均78%と非常に高い状態が続きます。こうした気候を生かして、お米やココナッツ、コーヒー、バナナなどの栽培が盛んです。とくに日本では見られないくらいの規模の大きな水田(棚田)の景色は壮観。一見の価値アリです。

バリ島の基礎知識②治安

過去には2002年や2005年にバリ島を狙った事件が起こされたこともありますし、治安は気になるところですが現在は平和な状態です。日本の外務省が発表している「海外安全情報」でも、バリ島は「レベル1:十分注意してください」という危険レベルです。同じインドネシアでも、ジャカルタなどの都市部に比べて安全性は高いと言えます。ただし、日本に比べるとやはり注意は必要です。とくに女性であれば、ひったくりや声かけには注意しましょう。また、注意しておきたいエリアもあります。そういったところはどこなのか知っておき、トラブルに巻き込まれないようにするようにしましょう。
何かあったときのために日本大使館の場所や連絡先くらいはチェックしておくといいです。

バリ島の基礎知識③グルメ

バリ島ではやはり本場のインドネシア料理やバリ料理は楽しんでおきたいところ。ナシゴレンやミーゴレンだけじゃなく、ラワールやバビグリンといった豚肉料理、イカンバカール(焼きシーフード)、ロントン(バリ版のおもち)などもおすすめです。東南アジアらしく、スパイスの効いた料理の多い地域ですが、そういった味付けが苦手でなければワルンと呼ばれる地元の人向けの食堂に入ってちょっと冒険してみるのも楽しいかもしれません。

海外で利用できるWiFi★

広告募集中